NPO法人「休眠状態」についての記事の件

NPO法人は、ゼロ円で法人化できますからね。

それが強み・メリットなのですが、勝手な解釈をしちゃう人もいるということです。

おまけにNPO法人化したら、行政や企業からお金が入るとか変な勘違いする人もいますし…。

法人化したけれど「こんなはずじゃなかった…」で休眠状態のパターンが多いのだと思います。

活動報告書で「活動実施無し」、活動計算書も「収入・支出0円」で提出されている法人は、事実上の休眠法人です。

NPO法人には休眠制度がありませんので、1年1回の総会と所轄庁への報告書等の提出、2年に1回の役員の改選と法務局への役員登記が必要ですが、活動報告書を提出していない、おまけに役員登記もしていない法人もいたりします。

理事がそろっているうちに、事業を実施していないのであれば、解散の手続きをしたほうが良いのですが…解散(解散公告掲載)にはお金がかかるので躊ちょしている法人が多いそうで…。

こうなってしまうと、所轄庁の職権で…というまた「NPO法改正」の次元のお話になってくるのだと思います。

この記事を書いた記者の意図は分かりませんが…。

◆ニュースソース

【NPO法人 12% 休眠状態 悪用恐れも】

<東京23区・政令市>NPO、12%の2138法人が休眠毎日新聞

◇毎日新聞調査 犯罪悪用も 制度改正必須

東京23区と全国20の政令指定都市にある1万7316の特定非営利活動法人(NPO法人)のうち、約12%に当たる2138法人が休眠状態であることが、毎日新聞の調べで判明した。専門家によると、休眠NPO法人に関する全国規模の調査は初めて。野放し状態のまま犯罪に悪用されている法人もあり、制度改正を求める声が上がる。
【毎日新聞 2018年11月4日(日)】より

Iwam!n’s Med!a

岩見信吾 (Iwamin)のオフィシャルサイト-Iwamin.TV & 岩見総合研究所 [Iwamin's Media]

0コメント

  • 1000 / 1000