NPO法人に「9年間」勤めましたが、解雇されます。

解雇理由証明書が、3月27日に手元に届きました。

特定非営利活動法人いわてNPOフォーラム21」というNPO法人に「9年間」勤めましたが、3月31日で解雇されます。

岩手県が設置している「岩手県NPO活動交流センター」の事業・施設管理の業務委託に従事する管理職員(副センター長:施設管理・NPO相談業務)をしていました。

・あなたの代わりはいくらでもいる。

・周りに迷惑が掛からないように有休を取得しなさい。

・使えない者ヤツ(外部の団体へ言いふらす)

とまで言う事務局長の居るNPO法人です。

このような法人に、岩手県や盛岡市など行政の事業受託や中間支援NPOを名のらせてもいいのでしょうか?

そしてNPO法人、非営利セクター職員の存在価値とは、何なのでしょうか?

錚々たるメンバーなNPO法人役員は、この事案の重大さを理解しているのでしょうか?

理事会で決定したとのことですが、このような事案は総会での決定事項なのではないでしょうか?

新しい公共を担うNPO法人の責任というのは、何なのでしょうか?

私は、NPO法人の存在意義、役割を考えて生きていこうと思います。

4月1日から無職ですので、スカウト・お仕事を募集中です。


追記:

この事業は、岩手県の委託事業なので、岩手県NPO活動交流センターがなくなることはありません。

新しい業務委託団体が、4月から管理運営を行いますが、今まで従事していた職員を引き継ぐこともなく、全職員解雇となりました。

新しい受託団体の代表NPO法人「特定非営利活動法人いわて連携復興センター」へも職員の引継ぎを掛け合いましたが、拒否されました。

岩手県内の中間支援組織のネットワーク組織である「いわてNPO中間支援ネットワーク」の構成団体の行動を注視していきます。

このような事案を許してはなりません!

Iwam!n’s Med!a

岩見信吾 (Iwamin)のオフィシャルサイト-Iwamin.TV & 岩見総合研究所 [Iwamin's Media]

0コメント

  • 1000 / 1000